塾長ごあいさつ

ワイズ就活塾塾長 松原吉宏です。当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。
このサイトをご覧になっているあなたはきっと、就職活動や転職活動でいろいろな悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

どうしたら自分をアピールできるんだろう…
良い印象を与えるにはどうしたらいいんだろう…

エントリーシートを前にそんなことを思い悩んだことはありませんか?

今では塾を開校するまでになりましたが、当時は私もみなさんと同じだったんです。
就活塾などというものをやっているので、松原はきっと「天性の話上手」「コミュニケーション能力がもともと高い」と思われてしまうことがあります。

ですが、そんなことはありません。
さまざまなコンプレックスや悩みを抱えていました。

例えば、

人前でしゃべるのが苦手、特に声がうまく出せなくて、どもってしまう。
文章を書くことに苦手意識があってどんなことをどんな風に書いたらいいかわからない。
笑うのが苦手、鏡の前で練習しているうちに、どんどん分からなくなった。

というようなことです。

その時、私は「弱いからこそ強くならないと」と、とにかくがむしゃらに色々なことをやっていきました。

具体的には、
必死でボイストレーニングに通い、発声方法を修得することで、安心して人前でしゃべれるようになった。
文章の練習をするため、時間をひねり出してブログを毎日書き、技術を覚えた。
とにかく人に話しかけて笑顔で会話をすることで、自然に笑えるコツをつかむ。同時に好印象の作り方も会得。
など、さまざまです。そのおかげで、なんとか就活はクリアできました。

ただ、当時は何をしたら良いのか分からず辛かったですし、無駄なこともたくさんしてきたなと、正直あまりいい思い出がありません。

実は、この就活塾を始めたのは、こういった「苦しみ」をできるだけみなさんに味わわなくてもいいようにしたい、そして、あなたの「本当の長所や能力」を引き出してあげたい、というのがキッカケです。同じ経験をしたから、あなたの気持ちがわかります。だからこそ、分かりやすい言葉で説明する指導ができます。

世の中の就活塾は、実は「もともとコミュニケーション能力が高い人」がやっていることも多いです。
ワイズが他塾と違うのは、先ほど恥ずかしながらお話したように、「みなさんと同じところからスタートした人間」がサポートする点です。
できなかった経験があるから、出来ない人・悩んでいる人の気持ちを理解できます。

「塾長は学歴があるから、どうせ気持ちなんか分かってくれないんじゃないの?」

これも違います、私は中学の時は成績が下から3番目でした。
勉強も、自己表現も、できなかった苦しみを知っているから、それを踏まえた指導ができます。

就活は誰でも「人生初めて」何をしていいかわからないのは当たり前

転職は違いますが、就活は誰しも「はじめて」の経験ですよね。
初めてのことなのですから、「何をしていいのかわからない」のは当たり前なんです。「何をしていいか分からない中」で、就活期間という短い間に「何をすべきか」を少しでも多く積み上げた人が、勝っているだけです。

だとしたら、想像してみて下さい、やることは1つですよね。

そうです、やるべきことを探りあてることです。
自分の自信を引き出すこと軸足・長所探しの2つが大きな課題です。

具体的には、コーチングスキルとカウンセリングを用いて、自然な会話であなたの中にある宝物を引き出していきます。
自分の長所、能力・軸足探し(宝探し)である自己分析です。あなたは「自信に満ち溢れた」自分を見つけることが出来るようになるはずです。

「長所なんてないし、人に言えるような能力もない・・・」と思うかもしれませんが、大丈夫です。
ワイズ就活塾の塾生も大半が同じです。
授業が進むと自信に満ち溢れた表情になっていますし、中にはファーストリテイリングとイオンリテールに内定した塾生やHISに内定した塾生たちは「就活の面接が楽しい」と本当に楽しそうにしていました。

「成長した!」と実感できる授業を受けることができます

ワイズ就活塾では内定獲得だけを目的とした指導はしません。
今後社会で通用する能力と財産を築けるような指導を心がけています。

それは私が「新卒の就職活動という人生に一度の大きな舞台で人間教育、自己成長のお手伝いをしたい!」という強い想いがあるからです。

だからこそ、塾の設立と同時に、入社後でも相談できるよう入社後1年間無料相談サービスを作りました。

入社後1年間無料相談サービスについてはこちら

ひとりひとりに合わせた、徹底した対面指導

講義方式では型にはまり、内定獲得が難しくなります。また、無駄も多いため、非効率になりがちです。人によって分からない部分は違いますし、必要な内容も違ってきます。
ワイズ就活塾では常に長所を伸ばし、短所を補うことを意識した指導にしています。他にも、面接対策として、政治家の演説、芸能人の映像などを利用する事もあります。
本や講義では頭に残りにくいので、 身近な教材を用いて記憶に残る授業と実践を重視した指導を行います。
私はタイのトップ大学であるタマサート大学でコミュニケーション学を学び、ESや面接対策では説得・交渉スキルもふんだんに利用し、恋愛などの身近なものを例にわかりやすく説明します。

「やりたいことなんてわからないから、とりあえず就職できればいい

そういう考えの方もいらっしゃるかもしれません。“なんとなく”で進路を決めてる方も多いと思いますが、これから社会人になって定年を迎えるまで、約40年働くことになります。
せっかくなら自分に合った仕事・企業で働いていきたいですよね。
“なんとなく”で進む人生を断ち切るために就職活動で少しだけ頑張ってみませんか?
あなたの就活と転職、そして楽しい人生を送るためにお役に立てましたら幸いです。

~夢・やりたいことを見つけ、睡眠時間よりも長い仕事の時間を楽しく~

株式会社ワイズライフラボ・ジャパン
代表取締役・塾長 松原吉宏

塾長 松原吉宏の略歴

 

1982年

名古屋市生まれ。

2000年

愛知高等学校3類を卒業。
大阪大学(旧:大阪外国語大学)外国語学部地域文化学科タイ語専攻に入学。

2003年

タイ国立タマサート大学マスコミジャーナリズム学部に国費交換留学。コミュニケーションマネジメント学科にてコミュニケーション学を習得。
タイの現地法人にてタイ人スタッフ、日本人スタッフの採用を1年間担当。

2004年

通訳・翻訳技術の習得のためにカナダのPGICとAECCへ留学。

2006年

大阪大学(旧:大阪外国語大学)卒業

2006年

株式会社村田製作所入社後、資材部にて資材調達バイヤーおよび企画管理職を兼任。
バイヤーとして、コストダウン、他部門との関係構築、新規資材の社内売込み(社内営業)、海外調達、与信管理などに従事。企画管理では、労力・残業時間削減、仕事のやりがい改善活動などに従事。また、大企業病の撲滅のための社内プロジェクト”組織風土改革”で組織風土改革委員に就任。

論理的に相手を説得する仕事の経験を活かし、インターネット上で学生の就活を支援するボランティアを立ち上げ、通算約200名の学生を支援。

2011年

TMTマシナリー株式会社に転職し、国内、海外(ドイツ他欧州地域)調達を担当。
4ヶ月で全拠点の一般職でトップ金額の仕入を担当。相手の立場から物事を捉え、交渉する能力を磨く。社内の業務での経験から、就活ボランティアもより論理性を強め、実践的な指導法に変更。

2011年

屋号ワイズライフラボを設立。
大阪梅田ワイズ就活塾の前身であるワイズ就活道場を設立し、学生の就職指導を居住地である島本町で行う。

2012年

事務所を梅田に移転し、ワイズ就活道場をワイズ就活塾に変更、同時に大阪梅田ワイズカウンセリングを設立。

2013年

株式会社ワイズライフラボ・ジャパンを設立。
大手・中小企業向けの人材採用コンサルティング、海外人材採用事業を展開。

2015年

朝日航空株式会社にてパイロット訓練生向け就職講座を行う。
関西テレビニュースアンカー出演。

2016年

MBSラジオ松井愛のすこ~し愛して出演。

2017年

毎日放送ちちんぷいぷい出演。

2018年

美容専門学校ヴィーナスアカデミー講師としてコミュニケーション学と就職指導を担当。ワイズ就活塾なんば教室開設

2020年

読売テレビかんさい情報ネットten.出演。ミスジャパン 評議員・審査員就任。

 

~人生で大切にしている気持ち~

 人生は一度きり、楽しんだもん勝ち

どれだけ地位があろうと、お金があろうと1日=24時間ということだけは平等です。
私はまず、その24時間の過ごし方を楽しいものに変えようと思いました。

苦痛なことばかりしてもどんどん身体も心も痛んでいくだけです。こんなことではずっと続かないですし、笑顔も幸せも知らないうちにいなくなってしまいます。

大切なのは自分も楽しく、周りも楽しく!です。

 好きこそ人生を楽しむ原動力

私は3時間で出来る自己分析でも述べていますが、成績は最悪でしたし、長時間の勉強が苦痛でした。だからこそ、「自分で楽しくないものでも楽しくしてしまえばいい」と思うようになりました。

指導でも心がけていますが、できるだけ身近な例を使って、分かりやすく説明するようにしています。

例えば、ES(エントリーシート)という企業への応募書類。

自分が希望する相手(企業)へ出す書類ということはラブレターに似ていませんか?
こんな風に楽しく感じられる工夫をしています。

 Giveし続ければ誰かは見てくれている

私は貸し借りというのがなんだか好きではありません。そして、人脈という言葉を聞くたび、「人って単なる繋がりなのかな?」と考えてしまいます。

誰かのために本当にしたいと思ったら、見返りなくなんでもしてきました。
これは私の母がそういう人だったからです。

「本当におせっかいでうんざり」と思うこともありました。ですが、母の意図は「何かをしてあげたい、力になりたい」という純粋なものでした。
そんな母から教えてもらったことは大切にしています。

そのおかげなのか、独立の際も「Web関係、手伝おうか?」など、率先して手伝ってくださる方もいらっしゃいました。

これからも、できる限り良心的な料金で、多くの方の笑顔を見れるような仕事をしていきたいです。

 苦労を忘れず、人にやさしく

成績は下から3番目、登校拒否、長時間勉強するのが無理など、問題だらけの少年時代でした。

“喉元過ぎれば熱さを忘れる”という言葉の通り、その時の苦労も忘れがちになってしまいますが、私よりもずっと苦労してきた友人や人生の先輩方と接することで、その度に過去に立ち返るようにしています。
苦労してきた人は辛さや痛みを経験してきているので、時には自分を悪者にしてでも相手のことを思って意見します。それは本当のやさしさだと、私は思います。

そんな方たちと接して、時々苦労時代を思い出して、“人にやさしく”を心がけています。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら


gatag-00012723
06-6375-9066

受付時間:9時~18時(平日のみ)

授業は平日・土日祝17時受付まで、通信では全国・20時以降の夜間も対応可

※個人塾のため、お電話の場合は一旦コールセンターが承り、後ほど塾長より折り返しさせていただきます。
メール・LINEでのお問合わせはこちら