Skypeで全国対応 理屈で分かる昇進面接対策

就職後が終わりではなく、就職後も以前にまして大切になってきています。
終身雇用という名前を聞くことも以前よりも減り、成果主義の導入、転職への見方も少しずつ変わってきています
そうした中で、民間企業でも公務員でも昇進するあるいは自分の市場価値を上げていくことが待遇だけでなく、自分の雇用を守ることに繋がります。

久しぶりの面接で不安、就職活動の面接と昇進面接で何が違うのか。
大阪ワイズ就活塾(梅田・なんば)では卒塾生からも昇進面接に特化した講座を要望も多いため、コース化することにしました。
また、Skype(チャットワーク)で全国対応しております。

※通信授業もあり、全国対応しています。
仕事が忙しい方、交通費がかかってしまう方などにおすすめです。
お越し頂く通学との併用も追加料金無しで可能です。

3回で面接のノウハウで昇進、そして、プレゼン上手で仕事上手も目指す

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s昇進を目指すことも大切ですが、やはりせっかくなので、仕事上手にもなっていただければと考えています。
面接は自分の意見をいかに相手にうまく伝えるのかが鍵です。
例えば、必ず昇進面接で聞かれる実績の話の比較。

A:私の実績は昨年、営業成績トップを獲得したことです。
そのために、粘り強く30社以上にアポを申し入れ、合計で10社以上の新規顧客を開拓し、地道に成績を伸ばしていきました。
その結果、一昨年以上の営業成績を出し、トップになることができました。

B:私の実績は30社の新規顧客開拓を目指し、昨年、営業成績トップを獲得したことです。以前は現在の販路で売上を伸ばそうと商品提案を中心に考えていました。
しかし、限界も感じたため、新規開拓の方針に変更しました。

すぐに行動に移そうと相手先企業のサイトや他社から情報を得て、1社1社に合う提案ができるように準備をし、アポを取るようにしました。
門前払いもありましたが、提案もあえて複数するなどで会ってもらうことに繋げ、そこから地道に交渉を重ね、10社新規顧客を獲得しました。
その積み重ねの結果、一昨年度比30%の売上を伸ばし、トップ成績を獲得することに繋げました。

当然、Bのほうがしっかりと伝わります。
どちらも同じ話かもしれません、違うのは伝え方です。
実績にかぎらず、長所、工夫、後進育成など色々な質問がありますが、伝え方1つで変わります
実績や成果は変えることができませんが、料理の調理方法と同じで、少しの工夫で別物に感じさせることができます。

伝え上手は面接上手だけでなく、社会人のスキルである交渉力、プレゼン力などにも繋がり、昇進や昇給だけでなく、自分で人材としての市場価値を上げていくことにも繋がります。
一石二鳥を目指していければと考えています。

受講生の声

大手会計事務所 Y氏
松原先生による昇進面談対策によって、大手会計事務所の経営職への昇進の内定をいただきました。
カウンセリングを通じて、私の話を注意深く聞いていただき、経歴、強みを的確に把握していただいたうえで、ご指導いただきました。
自分の強みを掘り下げ、過去の業務の経験からの裏付けをすることで説得力のあるストーリーを描く方法、また、プレゼン資料については読み手の印象に残る表現をご指導いただきました。

質疑対策に関しては、面談者の心に響くためにはどのようなことが大事かということについてアドバイスをいただきました。
これらのアドバイスを通じて、自信をもって複数の厳しい選考プロセスに臨むことができました。
なお、全5回のレッスンうち、最終的には4回しか受講しませんでした。(残り1回はキャリア相談で利用)
これは、毎回のレッスンが充実しており、無駄なく効率よく学ぶことできたということだと思います。

昇進面接対策コースの流れ(3回の場合)

1回目:実績などの整理
どういう実績があり、どう伝えるかなど面接で話す内容の固めを行います。
いきなり模擬面接をしても土台がなければ何も伝えられません。
作文などで整理し、きちんと伝えられる土台を作ります。

2回目と3回目:模擬面接
模擬面接で苦手なところを見つけていき、内容だけでなく、表情、声のトーンなども録音・録画を行い、確認していきます。
それを繰り返し短期でレベルアップを図ります。
基本的には3回ですが、伝えるのが苦手、あがり症などの自覚がある場合、5回コースでおすすめしています。
面接対策ではなく、こうした伝え上手、あがり症克服にも繋がるので、それも併せて直したい方、時間をかけて対策が可能な方には5回コースを勧めさせていただきます。

授業料

3回コース:98,000円(税込)
5回コース:149,000円(税込)

※通学・通信ともに同料金です

入塾にあたって迷っている点や、事前に確認したい点がある方は下記のお問合せフォームあるいはLINEからご連絡ください。(LINEがスムーズです)
お問合せフォームはこちら